PC衝動買い

PC衝動買い 購入の決め手

パソコンを買おうと思っている方には、必ず目的があると思います。
漠然と、知り合いが持っているから自分もとか、とりあえずインターネットをやってみたいという方から、趣味を今以上に活かそうと思っている方や、就職や副業するのに必要だとか、新しいものへの買換えや今の仕事のデータ解析をしようとされる方まで、様々な目的があるはずです。ところが、目的に合ったパソコンがどれになるのかを決めるのに結構大変だったりします。用語や性能の優劣などを理解されている方でも、何度もショップやインターネットで現物やカタログをチェックされたりしているはずです。ましてや初心者の方ともなると、用語が分からない、性能の違いも分からない方が殆どだと思いますので、ショップへ行っても店員の方に相談されることが多いと思います。しかし、店員の方の中には、本当に相談された方に合ったパソコンを勧めずに、ノルマやキャンペーンの対象になっている商品を勧める方もいますので、必ずしもベストな選択とは言えないのが現状です。そこで、ここではそんな悩み多き方の為に少しでも参考になればと思い、管理者の経験も含めた決め手となりうるアドバイスをしていこうと思っています。ただし、管理者の独断と偏見がかなり入ったアドバイスですので、参考にされるかどうかはご自身の判断でお願いします!

本体の性能 CPUスピード、グラフィック表示能力、メモリのスピード・信頼性、ハードディスクの速さ・容量、などによって、
パソコンで出来る事が制限される事があります。また、上記項目すべてに最高の部品が使われているのが
ベストですが、当然価格もびっくりするようなものになりますので、自分のやりたい事と価格を比較検討して購入する事になります。
初心者の方が購入されるに当たっては、価格的に15万円台〜20万円前半の機種を選ばれるのがベターではないかと思います。
このクラスは各メーカーとも、コストパフォーマンスを重視した機種が多いのと、おおよそ使われる用途に対して、
性能も過不足ない作りになっているものが多いからです。各メーカー間で、同価格帯では殆ど性能的に差はありません。
あとは、使われる方によっての好みになると思います。例えば、キーボードのタッチや配列の差だとか、
画面の大きさ・綺麗さや入っているソフトで選ぶとか、本体のデザインで決めるといった感じでいいと思います。

 

携帯性 まず最初に悩むのが、デスクトップかノートかどちらにするかだと思います。そこで、家の中で移動させる予定のない方は
迷わずデスクトップをお勧めします。占有面積は大きいですが、ノートに比べて同じ性能なら間違いなく価格が安いからです。
それに画面も大きいサイズが多いし、将来の部品や周辺機器の増設もノートに比べて比較的安易に出来ます。
次にノートパソコンを選ぶコツとして、家の中だけの移動の場合はA4/A4Lサイズがベストだと思います。
比較的デスクトップに近い性能や拡張性を持っていますし、画面も比較的大きいものが多い、さらにドライブが必ず
内蔵されていますので、バックアップやDVD鑑賞などにも便利です。初心者の方は特にお勧め!
B5/B5Lサイズやそれ以下のサイズのノートパソコンは、用途として野外に持ち出す事が前提なので、1台目としてはあまり向いていません。
画面も小さいものが多いし、ドライブが内蔵されていないものもあるからです。

 

ドライブ類 基本的にはDVDで記録や再生が出来るものが内蔵されている事が多く、表記もマルチやスーパーマルチといったものになっていますが、
かなりの廉価タイプでない限り、初心者の方はあまり気にする必要はないと思います。ただ、ノートパソコンのサイズが小さいタイプを選ぶ場合は、
ドライブが内蔵でなく外付けの場合があったり、ドライブ自体がオプションだったりする事があるので、出来るだけ内蔵タイプを選ぶようにしてください。
外付けの場合、ドライブの設定やOSのリカバリの時に、スムーズに出来ない事があるかもしれないからです。

 

ディスプレイ まず最初に、出来るだけ大画面を選ぶようにしてください。それから、ワイドタイプとスタンダードタイプとありますが、ワイドタイプのほうがこれからは
主流になると思います。画面の綺麗さは高輝度・高視野角とかスーパー***、などが表記されているものがお勧めです。
あと、個人的には映り込みの少ない画面のほうが、目が疲れにくいので良いのではないかと思います。(低反射と表記されている事が多い)

 

価格帯 デスクトップであれば、画面が液晶タイプでも10万円を切るものもありますが、お勧めとしては、予算的に厳しい方を除いて、
15万〜20万円以下のクラスを選ばれる方が良いと思います。廉価タイプの場合、インターネットとかワープロぐらいなら十分に利用できますが、
画像処理や最新の周辺機器や機能を利用するときに、そのままでは使えないとか、機器の増設が必要だったりするからです。
個人的には、廉価タイプは、予算的にとにかく厳しい方とか、2台目としての購入の方以外の方にはお勧めしません。
そういう方には、ショップブランドをお勧めします。サポートや入っているソフトがメーカーパソコンよりサービス的には劣りますが、
同じ性能なら価格も安いし、将来の用途の変更や部品・周辺機器の追加の時にもメーカーパソコンより柔軟に対応できることが多いからです。
次にノートパソコンですが、こちらはサイズを問わず、価格的に17万円前後〜20万円前半の機種をお勧めします。
一番コストパフォーマンスの高い価格帯になっていますので、特別な使い方をされない限り、概ね過不足なく使えると思います。
初心者の方には、メーカーパソコンを特にお勧めします。デスクトップ同様、サポートや入っているソフトがショップブランドより
サービス的に充実しているものが多いからです。

 

増設 デスクトップに関しては、増設できる部品や周辺機器は種類・グレード共に豊富にあります。逆に多すぎてどれを選ぶべきか、
これにも迷ってしまうかもしれません。また、殆どの部品や周辺機器は問題なく使用できますが、一部廉価タイプのデスクトップでは、
部品によっては増設できない場合があります。それから、メーカーパソコンの中には増設することでサポートが切れたり、増設の数や種類が
制限される場合がありますので、増設をされる前に一度確認されることをお勧めします。特に外付け周辺機器は問題ない場合が多いですが、
内蔵型部品ではこの傾向が強いようです。あと、メーカーパソコンに多いのが、専用の部品や周辺機器が用意されている事があるということです。
この場合の注意点として、将来別メーカーのパソコンを購入した場合、利用できないという事態が起こる可能性がありますので、
その辺も考慮して購入されることをお勧めします。また、同じ部品や周辺機器でも、内臓タイプと外付けタイプの両方用意されている場合があります。
この場合、内臓タイプはケース内に収まるので、場所を取りませんし、価格も外付けに比べて安価な場合が多いのが特徴です。
外付けタイプは価格は内臓タイプより割高ですが、パソコンを複数台持っている場合や、将来買う予定のパソコンにも簡単に接続できる
メリットがあります。次にノートパソコンですが、こちらは内蔵型部品としては通常メモリ、ハードディスクぐらいしか増設できません。
中にはまったくできないタイプもありますので、これも確認されたほうが良いかもしれません。外付け周辺機器は接続方法がUSBやカードスロット、
IEEEなどが最近では主流になっています。殆どの場合、ノートパソコンにこれらは装備されていることが多いですが、一般的な使用に関しては、
USB2.0で接続する周辺機器を選ばれることをお勧めします。転送スピードも速いですし、接続も取り外しも初心者の方にでも簡単にできるからです。

 

ソフトウェア プリインストールされているソフトウェア(パソコン購入時に入っているソフトのこと)が多いのは、メーカーパソコンのデスクトップタイプや、
ノートパソコンのA4/A4Lタイプになります。それ以外のタイプでは、あまり期待しないほうが良いかもしれません。
近頃流行のインターネット通販メーカー製パソコン(例えば、DELL、エプソンダイレクト、ソーテック等)もあまり入っていません。
ただ、入っているソフトの中にはあまり利用価値がないものが多く、実際の利用には別途購入したほうが良いソフトもあります。
もちろん、ワープロや表計算ソフトやはがき作成ソフトなど、購入される方の殆どが利用されるようなソフトも入っています。
これらのソフトに関しては、後から購入すると割高になることが多いので、パソコン購入時にプリインストールされているかどうか確認されて、
入っていない時は追加購入されたほうが良いと思います。

 

店頭販売

直販PC
大手パソコンメーカーの殆どが、WEB上で購入できる直販PCを運営していますが、一般に店頭販売しているメーカー製PCとの違いは、
まずCPUやメモリ、ハードディスク、ドライブ等のパーツの変更が可能になっている為、店頭販売しているPCに比べてより自分に合った性能に
近づける事が可能な点です。もちろん、その際にはある程度の知識を必要としますが、サポート等の面でショップブランドはちょっと・・・という方でも
安心して購入できるかも知れません。丁度、店頭販売とショップブランドを足して2で割ったような感覚のお店と思っていただいて良いと思います。
それから、直販PCの中には店頭販売にはないオリジナルPCを販売しているところがあったり、通常より安く購入できるサービスを行っているところや、
サポート期間が通常店頭販売での期間より長く設定してあるところもあり、各社WEB上での販売に懸命になっているようです。
ただ、パーツ変更によっては、必ずしもお買い得にならない場合もあり、購入に際してやはり多少の商品知識も必要になるので、初心者の方にはハードルが高いかもしれません。

check

幼児教室を調べる
http://www.youkyou.com/
学芸大学近くの内科に通う
http://www.saijo-clinic.com/

2017/1/27 更新

 

 

 

Copyright   PC!衝動買い!   All Rights Reserved
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster