PC衝動買い

PC衝動買い WINとMACの違い

私たちが主に使っているパソコンは、Windowsパソコンと呼ばれていますね。

でもパソコンの機種がwindowsというわけではなくって、パソコンの中に入っているソフトのことを、windowsと呼んでいます。
こういったソフトの事をOSと呼んでいてこれはつまりパソコンと我々人間の間に入り通訳をしてくれるソフトのことを言います。

 この通訳ソフトwindowsが使えるパソコンは、IBMが作った規格のもとで作られたパソコンに限られます。富士通やソニー、ソーテックなどのメーカーは、みんなこのIBMが作った規格の下で製造販売しているわけです。しかし、アップルコンピュータが製造販売しているMacというのは、その規格外商品なのです。ですからこの2つの機種には相当な開きがあります。お互いのソフトを使うことはできませんし、作った文書データなども、往々にして互換性がありません。とっても不便なのです。

 Macはグラフィック系に非常に強いとこれまで言われてきました。現在でも広告業界やデザイン事務所系ではよく利用されています。初心者にも使いやすい特性を持っていて、少数ながら絶対的信者を保持しています。しかし、現実では利用者は減少の一途をたどっていますし、windowsパソコンも性能がかなり良くなってきたため、グラフィック面での性能差は、よほどの人しか感じ取れなくなってきています。

 一方、windowsの方は膨大なソフトウェアの数と、何にでも利用できる幅広い拡張性が功を成して、世界中で利用者を獲得しています。性能面で勝負すれば、多少見劣りしても、周囲に使える人が多いので初心者さんは何かと助かるはずです。

 なお、最近は安いパソコンが出回っていますが、これらはほぼ「windowsパソコン」だと思っていいと思います。ただし、パソコンの部品は基本的に「安かろう悪かろう」ですから、値段を追求すれば当然性能が落ちます。皆さんもこの辺りを十分考慮して購入しましょうね。  なお、windowsはIBMとは何ら関係がない、マイクロソフトという会社の作ったソフトです。

おすすめWEBサイト 5選

神保町にある美容室
http://www.azest-az.com/

2017/1/27 更新

Copyright   PC!衝動買い!   All Rights Reserved
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster